HOME >  ニュース >  複合商業施設 ビエラ御影 開業

ニュース

プレスリリース2022年4月27日

複合商業施設 ビエラ御影 開業

ビエラ御影

JR西日本不動産開発株式会社(本社:大阪府大阪市北区中之島二丁目2番7号、代表取締役社長 國廣 敏彦)は、神戸市東灘区御影本町において開発を進めておりました「ビエラ御影」につきまして、2022年4月15日に竣工を迎え、2022年4月27日に開業いたしましたことをお知らせいたします。建物概要としましては、コンビニエンスストアをはじめとする物販店舗のほか、クリニックモールなど生活に密着した利便性の高いテナントが出店する複合商業施設となっております。4月27日にココカラファイン及びグランフィットネス24、5月6日にローソン、5月13日にはセカンドストリートが順次開業いたします。

当該地は、阪神御影駅の駅前広場に面した交通至便な位置にあります。皆様の暮らしに寄り添う利便性の高い施設を目指してまいります。

■開発概要

1.所在地
神戸市東灘区御影本町四丁目10番1号(住居表示)
2.土地所有者
株式会社田中屋本店
3.建物設置者
JR西日本不動産開発株式会社
4.設計会社
株式会社NAK建築事務所
5.施工会社
村本建設株式会社
6.建物概要等
建物名称 御影駅NKビル
建物構造 鉄骨造地上3階建
敷地面積 約1,131㎡
延床面積 約2,740㎡
7.テナント一覧

テナント一覧

■位置図

位置図

■快適性と両立した、未来につながる社会・環境への取り組み

JR西日本グループでは、「人々が出会い、笑顔が生まれる、安全で豊かな社会」という「めざす未来」はコロナ禍以降も変わらないものと考え、その未来の実現に向け取り組みを進めています。
今回ご案内の取り組みは、SDGsの17のゴールのうち、特に3番、7番、8番、11番、12番に貢献するものと考えています。

SDGsロゴ・アイコン

目標3:
フィットネスクラブ及びクリニックモールを誘致することで、地域に根差した健康と医療のまちづくりに寄与
目標7:
RE100にも対応する実質的CO2フリー電気を100%採用し、地球温暖化防止に貢献
目標8:
周辺地域の雇用を創出
目標11:
駅前の立地を活かした生活利便施設を中心とした計画
目標12:
リユースショップを誘致することで、循環型事業を通じた廃棄物の発生削減に貢献

【本件に関するお問い合わせ先】

  • JR西日本不動産開発株式会社 都市開発本部 担当:八木
  • TEL 06-7167-5605
メインコンテンツに戻る