HOME >  ニュース >  「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA」・「MAROOT」JR富山駅前に、2022年3月18日(金)グランドオープン

ニュース

プレスリリース2021年11月29日

市民と来街者と旅人が集い交わる、活力あふれる駅前空間へ
「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA」・「MAROOT」
JR富山駅前に、2022年3月18日(金)グランドオープン

JR西日本グループ(西日本旅客鉄道株式会社、JR西日本不動産開発株式会社、富山ターミナルビル株式会社、株式会社ジェイアール西日本ホテル開発)は、富山駅周辺地区土地区画整理事業地において、2022年春の開業予定としていた宿泊施設「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA」、商業施設「MAROOT」からなる複合ビルについて、この度、開業日等が決定しましたのでお知らせいたします。

■開業日

2022年3月18日(金)

■「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA」宿泊予約受付開始

2021年12月1日(水)正午より開始

外観イメージ

ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIAロゴ

■宿泊施設「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA」
国内外のレジャー層やビジネスユーザーへ向け、心地よく、スマートな滞在を提供

JR西日本ホテルズの宿泊主体型ブランド「ヴィスキオ」を北陸エリアでは初めてJR富山駅前に開業します。今回開業する「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA(グランヴィア)」は、大阪、尼崎、京都に続く4号店となります。

今回新たな取り組みとして、北陸エリア初出店となる富山にちなんだ“コンセプトフロア「富山」”を最上階(12階)に配し、全182室の客室と大浴場を備え、国内外のレジャー層やビジネスユーザーにご利用いただけます。

左:5階大浴場 右:5階エントランス(※CGパース)
左:5階大浴場 右:5階エントランス(※CGパース)

【ヴィスキオのコンセプト】

JR西日本ホテルズの旗艦ブランド「ホテルグランヴィア」の品質はそのままに、宿泊主体型ホテルとして、先進的な設備と革新的なサービスを提供します。この上なく心地よく、スマートな滞在を楽しむ「宿り木」となるべく、自由自在の寛ぎを提供し、お客様とこの街をつなぎます。

【施設概要】
階数 施設
4階 ホテルレストラン1店舗(4階商業エリア) 席数:66席(予定)
5階 宿泊者専用ラウンジ 席数15席 無料ドリンク・Wi-Fi完備
大浴場 ※男女(男性のみドライサウナ完備)
コインランドリー 全自動洗濯機3台(有料)
ベンディングコーナー3台 / 喫煙ブース(全室禁煙)
6~11階 スタンダードフロア(ダブル66室、ツイン96室) 182室
12階 コンセプトフロア(ツイン20室)
木の柔らかさとシックなデザインで統一した多彩な客室

心地よく、スマートな滞在を提供する客室は、2名以上で利用するダブル・ツインタイプを主として、17.7㎡~39.5㎡の広さに設定しました。加えて一部の部屋タイプには、ゆったりと寛げるベンチシートや、要望の高い独立型の浴室と個室トイレも設置し、様々なライフスタイルやニーズに合わせた多彩なルームバリエーションを展開。全9タイプの客室は、全室窓を完備し、東側の客室からは立山連峰が、西側の客室からは神通川が望めます。

左:スーペリアツイン(ベッドルーム)右上:スーペリアツイン(バスルーム)右下:スタンダードダブル(ベッドルーム)※CGパース
左:スーペリアツイン(ベッドルーム)右上:スーペリアツイン(バスルーム)右下:スタンダードダブル(ベッドルーム)※CGパース

最上階(12階):コンセプトフロア「富山」

最上階(12階)のコンセプトフロア富山は、6~11階までの客室より天井高を30cm高く設定した280cmの開放感あふれる空間となります。また、フロア名称となる富山の観光名所である立山連峰をデザインした絨毯やフロアオリジナルの壁面デザインに加え、眠りのおもてなしとして、フロアオリジナルのシモンズ社製7.5インチのマットレスを設置。その他、富山にちなんだ三助焼きのコーヒーカップ、地産のアルパカコーヒー、銘菓「甘金丹」、立山連峰をデザインした富山ガラスのグラス、和紙の客室備品など、地域とお客様をつなぐホテルヴィスキオ富山ならではのおもてなしを提供します。

左:プレミアムツイン(※CGパース) 右上:富山ガラス 右下:三助焼き、アルパカコーヒー、甘金丹
左:プレミアムツイン(※CG パース) 右上:富山ガラス 右下:三助焼き、アルパカコーヒー、甘金丹

※詳細は、別紙プレスリリースをご参照ください。

MAROOTロゴ

■商業施設「MAROOT」

施設名称及びロゴの由来は2021年3月、施設概要は2021年10月に発表しております。

【施設名称及びロゴの由来】

https://www.westjr.co.jp/press/article/2021/03/page_17580.html

【施設概要】

https://www.marier-toyama.co.jp/wp-content/themes/twentyfifteen/images/company/press211026.pdf

○県内企業店舗及び県内初出店店舗

2022年3月18日のMAROOT開業では、富山県内企業として、スーパーマーケットエリアに出店する「鮮魚 魚廣・富山湾食堂(生鮮)」や「グランマルシェタケダ(精肉・惣菜)」、新規出店店舗として県内初出店となる「ゴンチャ(カフェ)」や「炭焼牛たん東山(飲食)」がオープンいたします。

スーパーマーケットエリアは、「ちょっとした上質」が感じられる落ち着いた雰囲気の内装仕上げとなっています。各店舗の専門性や個性をしっかり演出しながらも、売場内の床や壁・柱、ベース照明等の意匠を一部共通化することで、一大生鮮スーパーの統一感とボリューム感を印象付けます。運用面ではエリア内の各専門店との回遊の利便性や効率化を図るため、集合レジを導入し、お客様にストレスフリーでお買い物いただける環境を整えます。

また、MAROOT開業に合わせて、新たに施設に付随した駐車場もオープンいたします。約400台規模の駐車台数を構え、自走式の立体駐車場となります。2F~4Fの各フロア2ヵ所に館内への入口を設置しており、スムーズな館内アクセスを確保しております。

スーパーマーケットエリアのイメージ
スーパーマーケットエリアのイメージ

MAROOTに出店するショップ情報については、12月8日開設(予定)の告知サイトにて発信いたします。開業に関する情報、イベント情報の他、MAROOTだからこそ提供できる価値を盛り込んだ、独自性や強みにフォーカスしたオリジナル情報を随時発信してまいります。

URL:https://teaser.toyama-stationcity.jp

○マリエとやまからの移転店舗

今回の開業に伴い、マリエとやまから約20店舗の既存テナントの移転を予定しております。代表的な店舗としては、1階に出店している「@cosme STORE」、5階に出店している「無印良品」が増床移転いたします。

なお、マリエとやまについては設備老朽化による更新工事も重なり、2022年2月中旬をもって一部休館いたします。2月中旬以降も館の出入口の開放や昇降機の稼働、駐車場からの動線確保、館内入口やホームページ等でご案内をしながら、約20店舗が営業を継続いたします。マリエとやまは、2022年夏以降順次フロア毎に営業を再開いたします。

※店舗数は現時点での予定数となります。
※新規出店店舗、移転店舗含め、詳細は別紙プレスリリースをご参照ください。

■ビル概要(JR富山駅ビル)

所在地 富山県富山市明輪町1番231号(住居表示)
敷地面積 約7,930㎡
(富山市用地約4,208㎡、西日本旅客鉄道株式会社用地約3,722㎡)
主要用途 商業施設、宿泊施設、立体駐車場
延べ面積 約38,100㎡
階数 鉄骨造 地上12階
建物設置者 JR西日本不動産開発株式会社
施設運営者 <商業施設・駐車場運営>富山ターミナルビル株式会社
<宿泊施設運営>株式会社ジェイアール西日本ホテル開発

■全体位置図

全体位置図

■お問い合わせ窓口

【総合窓口】

JR西日本不動産開発株式会社 06-7167-5605 担当:島浦・滝花・永田

【商業施設・駐車場の運営に関する事項】

富山ターミナルビル株式会社 076-445-4511 担当:渡邊

【宿泊施設の運営に関する事項】

株式会社ジェイアール西日本ホテル開発 076-464-6639 担当:鷹休・青木

メインコンテンツに戻る