HOME >  ニュース >  JR富山駅ビル外観デザインについて ~2022年春開業予定~

ニュース

プレスリリース2021年8月2日

JR富山駅ビル外観デザインについて
~2022年春開業予定~

JR西日本不動産開発株式会社は、富山駅周辺地区土地区画整理事業地において、2022年春の開業に向け新築工事を進めておりました「JR富山駅ビル」の外観デザインについてお知らせいたします。

本計画施設は、「市民と来街者と旅人が集い交わる、活力あふれる駅前空間」を開発コンセプトに、富山駅前の更なる賑わいの創出や、地域全体の発展を支える拠点となることを目指し、プロジェクトを進めてまいりました。富山を訪れる方々を迎える玄関口として、高品質ながらも親しみやすく、地域の方にも来街者にも愛される、富山の新たなランドマークを目指したデザインとしました。

外観イメージ
外観イメージ(南東)※実際と異なる場合があります

■ 外観

  • 外壁は、富山を代表する景観資産である立山連峰の雪景色を思わせる白色を基調とし、美しい稜線を外壁パネルのグラデーションによって表現しました。また、建物の一部には、立山杉をイメージした濃茶色を設え、落ち着きと温かみのある印象を与えます。

夜間イメージ
夜間イメージ(北東)※実際と異なる場合があります

駅前広場側1階イメージ
駅前広場側1階イメージ ※実際と異なる場合があります

■ 賑わいの発信

  • 駅前広場に面する角にはガラスのカーテンウォール、1階店舗部分には連続性のある開口部を設けることにより、施設内部の賑わいを外部へ発信します。
  • 夜間には建物頂部やサインのライトアップをはじめ、ガラス部分より漏れ出す施設内の光などにより、駅前広場に温かい光を提供します。
  • 施設内には、駅前広場やLRTを見下ろせる視点場、立山連峰を望めるホテルロビーなどを設け、ご利用いただく方々に富山の魅力を発信します。
  • 駅前広場に面した壁面を、プロジェクションマッピング等に利用可能な壁面仕上げとすることで、広場を活用したイベントによる多世代交流の創出に寄与します。

■ 施設概要

所在地 富山県富山市明輪町1番231号(住居表示)
敷地面積 約7,930㎡
(富山市用地約4,208㎡、西日本旅客鉄道株式会社用地約3,722㎡)
主要用途 商業施設、宿泊施設、立体駐車場
延べ面積 約38,100㎡
階数 鉄骨造 地上12階
建物設置者 JR西日本不動産開発株式会社
施設運営者 <商業施設・駐車場運営>富山ターミナルビル株式会社
<宿泊施設運営>株式会社ジェイアール西日本ホテル開発

【本件に関するお問い合わせ先】

  • JR西日本不動産開発株式会社 都市開発本部 島浦・滝花・永田
  • TEL 06-7167-5605
  • FAX 06-7167-5618
メインコンテンツに戻る