HOME >  ニュース >  JR西日本グループによる不動産私募ファンドの設立

ニュース

プレスリリース2021年3月18日

JR西日本グループによる不動産私募ファンドの設立

西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:長谷川一明)とJR西日本不動産開発株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:國廣敏彦)は、JR西日本グループが「JR西日本グループ中期経営計画2022」見直しにおいて掲げる「地域共生の深耕と新たな価値創造への挑戦」の実現に向け、この度、不動産私募ファンドを設立しましたのでお知らせします。

1.私募ファンドの概要

ファンド名称
合同会社JRWESTファンド第1号
資産規模
約100億円
出資者
株式会社日本政策投資銀行、農林中央金庫 等
貸付人
株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行
資産運用会社
三菱UFJ信託銀行株式会社
フィナンシャルアドバイザー
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

2.今後の展開

数年後には、JR西日本沿線エリアの物件を中心に長期的な安定運用を目指す私募REITの設立を検討しております。

以上の取り組みにより、JR西日本グループがこれまで培ってまいりました「訪れたい、住みたいまちづくり」のノウハウに不動産証券化の知見を融合させることで、機関投資家とのパートナーシップを構築しつつ、まちづくり機会の拡大を通じた地域価値の更なる向上を目指してまいります。

メインコンテンツに戻る