JR西日本不動産開発株式会社:えき、街、暮らしのとなりに

HOME >  ニュース >  明石市大久保町 JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル開発事業者に選定

ニュース

プレスリリース2018年10月31日

明石市大久保町 JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル開発事業者に選定


イメージパース1 西方向から見た鳥瞰図

関電不動産開発株式会社(本社:大阪市北区中之島、社長:勝田 達規)、三菱地所レジデンス株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:脇 英美)、JR西日本不動産開発株式会社(本社:大阪市北区中之島、社長:柴田 信)、住友林業株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:市川 晃)で構成するグループは、明石市が実施した「JT跡地の売却に係る公募型プロポーザル」に応募し、この度、優先交渉権者に選定され、明石市と土地売買仮契約書および基本協定書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

本プロジェクトでは、明石市の「住みたい、住み続けたいまち」の指針に沿い、周辺環境と調和した明石の新たなシンボルとなるべく、開発事業に取り組んでまいります。

■ 対象地

所在
明石市大久保町ゆりのき通2丁目50番1他
敷地面積
35,680.18㎡(当グループ取得用地)

■ 事業予定者(4社)

関電不動産開発株式会社(代表構成員)、三菱地所レジデンス株式会社
JR西日本不動産開発株式会社、住友林業株式会社

■ 提案内容

① コンセプト
コミュニティリボンを開発のテーマとし、「人とまちを結ぶ」、「人と人を結ぶ」、「あらゆる世代を結ぶ」、そして「未来へつなぐ」を開発のコンセプトとしています。
② 住宅計画
  1. マンション(3棟):771戸  戸建住宅:17戸
  2. 住宅は全戸オール電化を採用。また、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入、バリアフリー特化住戸など、サスティナブル(持続可能)、スマート、ユニバーサルを標準とした国内トップレベルのバリアフリー性、防災・減災力を備えた住環境を提供します。
  3. マンション共用棟「コミュニティHUB」を核とし、居住者と地域住民とのさまざまな交流や教養、文化の育みを図ることで、誇りある市民としての意識醸成とともに、多世代交流を促進します。


イメージパース2 マンション共用棟「コミュニティHUB」

■ 今後の想定事業スケジュール(予定)

土地引渡し
:2019年1月
開発工事着工
:2019年8月以降
集合住宅工事着工
:2020年1月以降順次
戸建住宅工事着工
:2020年4月以降順次

■ 本ニュースリリース配布先

大阪建設記者クラブ、青灯クラブ、近畿電鉄記者クラブ

【お問い合わせ先】

関電不動産開発株式会社 総務部総務グループ 山本
〒530-0005 大阪市北区中之島3丁目3番23号 中之島ダイビル
TEL 06-6446-8820 / Mobile 080-5788-0030
E-mail:mik-yamamoto@kanden-rd.co.jp
メインコンテンツに戻る