JR西日本不動産開発株式会社:えき、街、暮らしのとなりに

HOME >  ニュース >  JR塚口駅ビルが「人間サイズのまちづくり賞」奨励賞を受賞

ニュース

お知らせ2017年12月7日

JR塚口駅ビルが「人間サイズのまちづくり賞」奨励賞を受賞

  • 外観

  • 屋上庭園夜景

このたび、「環境にやさしく、安心と安全の提供と共に、駅と街をつなぐ」をコンセプトに2016年4月に開業した「JR塚口駅ビル(VIERRA塚口)」が、第19回兵庫県「人間サイズのまちづくり賞」(まちなみ建築部門)の奨励賞を受賞しましたのでお知らせいたします。

今回の受賞は第16回(平成26年度)のJR姫路駅ビルに続いて2度目の受賞となります。

< 人間サイズのまちづくり賞について >

兵庫県では、県民の参画と協働による“人間サイズのまちづくり”を推進するため、平成11年度に「人間サイズのまちづくり賞」を創設し、安全・安心のまちづくり、環境と共生するまちづくり、魅力と活力あるまちづくり、自立と連携のまちづくりに寄与する優れたまちなみや建築物および優れた功績のあった団体などを顕彰しています。

< 受賞理由 >

  • 「市民が集い憩う『公園』のような駅ビル」をコンセプトとして計画されたJR塚口駅直結の複合商業施設。
  • 外観は日本の伝統を踏まえた庇や格子を基調とした設えにより、陰影のあるデザイン。
  • 建物内はバリアフリー動線を確保し、街と駅をつなぐユニバーサルデザインに配慮。
  • 建物内のテラスや屋上を緑化し、立体的な緑のネットワークを形成。
メインコンテンツに戻る