JR西日本不動産開発株式会社:えき、街、暮らしのとなりに

HOME > 駅から始まる街づくり >  安全・防災への取り組み

安全・防災への取り組み 駅から始まる街づくり

お客様に安心・信頼していただくために。

安全・安心の推進

お客様に安心してご利用いただくために、JR西日本とともに安全性向上に取り組んでいます。
線路近接作業の安全、開発工事現場の安全、建築設備の安全、及び食の安全などについて、全社を挙げて安全の確保とリスク管理体制の強化を推進しています。

線路近接作業の安全・工事の安全・設備の安全・食の安全

線路近接作業の安全

線路に近接した作業における触車・列車運転支障事故防止を図るため、社員には、鉄道の用語や仕組み等の基本となる知識及び、集合教育・通信教育を利用した専門的な知識の習得等でレベルアップを図っています。また、緊急時に列車を止める列車防護訓練などの実地訓練も定期的に行い、迅速かつ安全に対応ができるよう技術向上を図っています。

工事現場の安全

工事着手前の着工準備会などを通じて安全に関する情報共有を図っているほか、工事現場の安全パトロールを実施し、不安全設備・不安全行動・運転保安に支障がないかなどについて、専門知識を持った社員が日々チェックを行っています。

建築設備の安全管理

JR西日本及びグループ会社で策定した「建築設備安全ガイドライン」に則って、諸設備の実態調査及び適正な対応を行い、建築設備の安全度の向上に向けさまざまな観点から取り組んでいます。

食品衛生管理支援

食の安全に対する社会的意識が高まり、安全で安心な食の提供が求められる中、当社では、テナント様の自主的な食品衛生管理についての支援や助言を行っています。
定期的にテナント様向けの講習会を開催し、衛生管理知識の向上を図るとともに食品安全に係る動向についての情報などを提供しています。

品質へのこだわり

技術者による品質管理体制

社内の技術者により設計段階からチェックするとともに、施工の各工程で工事監理・検査を行い設計通りの仕様・品質が確保されているか確認し、施工会社とともに質の高い物件を造りあげるべく取り組んでいます。

カスタマーセンター

住宅事業ではカスタマーセンターを設置して、ご入居後のお客様のご要望をうかがい、自社による責任あるアフターサービスを提供し、新たな企画に反映させることでより良い住まいづくりを目指します。

防災強化、地域社会との共生

当社では、万が一の有事の際にも適切な対応ができ、被害を最小限でとどめることが可能となるよう、入居されているテナントの皆様方と一体となって防災対策に取り組んでいます。
また、災害時に地域にも役立つ設備の設置にも積極的に取り組んでいます。

防災強化

防災設備の設置

分譲マンション ジェイグラン阿倍野文の里は、耐震性や耐火性など建物自体の安全性に加え、被災時の生活維持に役立つ設備・施設等を有するなど、ハード・ソフト両面で防災力が強化されたマンションとして大阪市から「防災力強化マンション」に認定されました。

【設備・施設の例】
一時避難場所の確保、かまどベンチ、防災倉庫、マンホールトイレ

防災意識の向上

テナントの皆様方と合同で、避難訓練や地元消防署の指導による、消防訓練を実施し、地域と一体になった防災意識の向上に努めています。また、社員が積極的に普通救命講習を受講し、心臓マッサージ等による心肺蘇生法(BLS),心臓救命装置(AED)の使用法などについての指導を受け、不測の事態に備えています。
当社施設においては、AEDの設置を促進しています。

地域防災への取り組み

地域の防災拠点

JR塚口駅周辺開発プロジェクトでは、提供公園付近に防災倉庫を設置する計画であり、災害発生時には地域の防災拠点機能を担います。

帰宅困難者対策

JR下関駅ビルには、災害発生時に駅や駅ビルをご利用のお客様が帰宅困難になることも想定し、100人分の食料などの災害用備蓄品を保管しています。

津波避難ビル

西日本旅客鉄道株式会社和歌山寮は、屋上に津波などを想定した避難スペースや防災倉庫を設置しているほか、周辺の皆様のための津波避難ビルとして和歌山市に指定されています。

メインコンテンツに戻る